ゆるりヨコハマ

シンプル丁寧な暮らし in ヨコハマ

「美女読書」でのライター活動報告

f:id:weddinatmandarin:20180303092549j:plain

ゆるく楽しく、書評執筆活動、続いてます

お久しぶりです。あっという間に3月になりましたね!

2月は自宅のWi-Fiがやられて(ルーターの設定を間違えて速度制限がかかった)オフライン気味でしたが、今月からまたバリバリ活動していきますので、よろしくお願いします!

今日は、2018年に入ってから「美女読書」にてアップされた記事のご紹介です♪

1. 『THE END OF JOBS 僕たちの20年戦略』

<概要>

「しごと」には「仕事(ジョブ)」と「起業家的な働き方(アントレプレナーシップ)」の2種類がある。

私のような、いわゆる会社員は、会社が作ったシステムの通りに働くことを期待される「仕事(ジョブ)」型で、「時間」を会社に売って「お金」を得る。

これからの時代、どんどん「起業家的な働き方(アントレプレナーシップ)」にシフトしていった方が、いいんじゃないの?

これは、書評を執筆するのに結構もがき苦しんだ一冊です。

言いたいことは頭の中にはあるんだけど、うまく言葉にできない。

「美女読書」編集室では、自身の書いた書評をきちんと添削してくれて、この記事に何が足りないのかを教えてくれるのがすごくいい。

独りよがりなブログを書いている私ですが、読む方の立場を考えて書くことの大切さを学んでいます。

 

bijodoku.com

 

2. 『たった一言で人を動かす 最高の話し方』

<概要>

人に伝わる話し方、そのキモは、ずばり「間」の取り方!!

しかし、思ったより「間」は取りづらい。

緊張を伴うプレゼンの場などでは、普段よりも早口になってしまう人も多い。

効果的な「間」の取り方、「間」の種類などにフォーカスを当てた本。

 

これは、書評執筆がサクサクと進んだ一冊です。

潔く「話し方」一本にテーマが絞られているから、書評を書く際に、何にフォーカスして書けばいいのか、が一目瞭然でした。

 

bijodoku.com

 

まだまだ書き方修行は続く

現在、1冊は添削を受けている最中。

あと2冊、書評を書かれるのを待っている本がいます。

書評がサイトにアップされるたびに、自分が書いたものが世に出ることの喜びを感じています。

 以上、最近の活動報告でした♪

www.yururi-yokohama.xyz