ゆるりヨコハマ

シンプル丁寧な暮らし in ヨコハマ

人から「ありがとう」と言われるのが一番嬉しいっていう話

work

私の仕事は、海外拠点の管理。

設立したての現地法人は、体制がまだまだ構築されきったとは言えない状態で、やるべきことがたくさん。

 

そこで、私は今までの経験を生かして簡単なシステムを作って送ってみた。

そうしたら、予想以上に喜んでもらえた。

「ありがとう。」って。

久々に言われた。

 

普段、国内の小さなチームでは全くと言っていいほど「褒める」という文化がない。

というより、上司は新人を伸ばすために意図的に褒めている(時には、それは私にはうるさく聞こえる)ようだけど、私は全然褒められない。

まあ、当たり前のことをしているだけだから、褒められるようなネタはないのかもしれないけど。

 

この、「全く褒められない」環境がちょっと辛くて。

  • 本当に貢献できているのか?
  • 私はこの部署に必要な人間なのか?

と自問自答する日々。

 

だから、今回、海外拠点の人からの「ありがとう」は、本当に嬉しかった。

夜、帰り道を歩きながらそのメールを読んで、「明日も頑張ろう」って思えた。

 

あくる日、上司に、

「昨日、○○さんから『ありがとう』といただけて素直に嬉しかったです。もっと、みなさんの役に立てるように頑張りたいと思いました」

と言ったところ、

「うん、そうだね」

の一言のみ。

結構、萎えちゃった。

 

本当のところ、私は、一緒に喜んで欲しかったんだ。

甘えだと言われればそれでおしまいなんだけど、もうちょっと、部下の思いを拾い上げてほしいな、って。

私が上司になったら、こういうことは見逃さないようにしよう、と思った。

やっぱり、人は褒めて伸びる、だと思うんだよね。

冷たくされて伸びる人なんていない。

 

まあでも、今回、拠点からの「ありがとう」は私にとっての栄養剤になったことは間違いない。

 

という独り言でした。